ビッドコインから学ぶ近未来のリスクファクター

世界各国中央銀行がビットコイン投資の危険性を相次いで警告している。 1200ドル台まで急騰した後640ドルまで急落したビットコイン価格は再び1000ドルを突破するなど板跳びを止めないでいる。

刃物ルードヴィヒ ティルレドイツ中央銀行執行委員はドイツ経済専門紙<ハンデスブラット>きてあるインタビューで“ビットコインは非常に投機的”としながら、発行方式に問題があって価格変動幅が非常に大きいという問題点を指摘したと<ファイナンシャル タイムズ>が7日報道した。

4286 彼は“ビットコインは実物になった担保物がないので投資家がお金を全部失うことができる”として“ドイツ中央銀行は断固としてその危険性を警告している”と話した。これに先立ちマレーシア中央銀行は“ビットコインはマレーシアで法廷通話と認定されないために、使うのに格別の注意が必要だ”と明らかにしたと<ウォールストリート ジャーナル>が6日伝えた。 台湾金融当局も“台湾銀行はビットコインを受け入れないだろう”と明らかにしたことがある。 先月初め中国・フランスなどの警告に続き世界各国中央銀行の投資危険警告が広がっていることだ。

ビットコインは中央銀行のような発行者がないインターネット上の仮想貨幣だ。 日本のビットコイン取引所であるマウントゥゴクスでビットコインは去る11月28日史上最初に1000ドルを突破したし、その後1200ドルを渡して取り引きされることもした。

だが、先月4日中国金融当局が自国内金融機関がビットコインを取り引きに活用できないように規制して、翌日フランス中央銀行(BOF)が“ビットコイン投資が金融安定性を阻害するリスクがある”という内容の報告書をだして、その後640ドルまで急落した。

About

Categories: 法律問題